埼玉県生産性本部

 
 

新着情報

新着情報
 
【発表】 日本の労働生産性の動向 2018年版
2018-12-20
 労働生産性の国際比較2018』 を発表しました
 
▲公益財団法人日本生産性本部は、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。
 
<概要>
1.日本の時間当たり労働生産性は47.5ドルで、OECD加盟36カ国中20位。
2.日本の1人当たり労働生産性は、84,027ドル。OECD加盟36カ国中21位。
3.日本の製造業の労働生産性は99,215ドルで、OECDに加盟する主要31カ国中15位。
 
▲記者発表文書(概要)およびレポート全文は こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 生産性総合研究センター担当へ直接お願いいたします。
 電話:03-3511-4016
 
 
【発表】2018年 日本版顧客満足度指数 第5回調査結果発表
2018-12-12
2018年度 JCSI(日本版顧客満足度指数) 第5回調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は 12月12日、5業種における、のべ59企業もしくはブランドの満足度等を発表しました。
 
■各業種の顧客満足度1位企業・ブランド
【生命保険】                     都道府県民共済
【損害保険】                     セゾン自動車火災保険
【クレジットカード】         楽天カード
<特別調査>
【映画館】        109CINEMAS
【レンタカー/カーシェア】  タイムズカープラス
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 サービス産業生産性協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【アンケート】イノベーションを起こすための工夫に関する企業アンケート報告書
2018-12-11
イノベーションを起こすための工夫に関する企業アンケート報告書を発表しました。
 
日本生産性本部では、2019年春に正式発足を予定する有識者会議のイノベーション会議(座長:大田弘子副会長)の準備調査として、大企業238社の、イノベーションを起こすための工夫に関する取組を聞いたアンケートの結果を取りまとめました。
 
こちら をご覧ください。
 
 
 
【提言】『スマートエコノミー』の実現をめざして
2018-11-30
提言「労働力喪失時代における持続可能な社会経済システム『スマートエコノミー』の実現をめざして」を発表しました。
 
調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす(公財)日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木友三郎)は、11月30日、人口減少に伴う生産年齢人口の急減を目前に控えた日本の喫緊の課題である生産性向上に向け、社会経済システムの再構築と経営戦略の転換をめざすべく、提言を公表しました。
 
こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、内容について下記にお願い致します。
SPRING 湯浅・柿岡 03-3511-4010 service-js@jpc-net.jp
取材について:広報 渡邉(裕)・加藤(玲)03-5511-2030 yuko.watanabe@jpc-net.jp
 
 
 
【発表】2018年度日本経営品質賞 3組織に受賞決定
2018-11-26
「2018年度日本経営品質賞」3組織に受賞決定しました。
 
(公財)日本生産性本部が設立した日本経営品質賞委員会(委員長:福川伸次 評議員/(一財)地球産業文化研究所 顧問・東洋大学 理事長)は、顧客視点から経営を見直し、経営革新を進めるモデルとしてふさわしい組織を表彰する「日本経営品質賞」の2018年度受賞組織を発表しました。
 
こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 経営品質協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】「第1回経営デザイン認証組織」発表
2018-11-19
「第1回経営デザイン認証組織」を発表しました。
 
公益財団法人日本生産性本部 経営品質協議会の経営デザイン認証委員会(共同委員長:泉谷直木 アサヒグループホールディングス 代表取締役会長、片野坂真哉 ANAホールディングス 代表取締役社長)は 11月19日、第1回経営デザイン認証組織を発表しました。
 
こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 経営品質協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】 日本の労働生産性の動向 2018年版
2018-11-09
日本の労働生産性の動向 2018年版を発表しました
 
▲公益財団法人日本生産性本部は、昨年度の日本の生産性の動向をまとめた「日本の労働生産性の動向
 2018年版」を記者発表しました。
<概要>
▲2017年度の日本の名目(時間当たり)労働生産性は4,870円、過去最高を更新。
▲2017年度の実質(時間当たり)労働生産性上昇率は+0.5%。
▲2017年度の日本の名目(1人当たり)労働生産性は836万円。実質労働生産性上昇率は+0.3%と、3年続けてプラス。
 
▲記者発表文書(概要)およびレポート全文は こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 生産性総合研究センター担当へ直接お願いいたします。
 電話:03-3511-4016
 
 
【発表】2018年 日本版顧客満足度指数 第4回調査結果発表
2018-11-07
2018年度 JCSI(日本版顧客満足度指数) 第4回調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は 11月7日、8業種における、のべ88企業もしくはブランドの満足度等を発表しました。
 
■各業種の顧客満足度1位企業・ブランド
▲「百貨店」              阪急百貨店
▲「生活用品店/ホームセンター」    IKEA   
▲「衣料品店」                           earth music&ecology
▲「各種専門店」                オートバックス
▲「旅行」                       日本旅行
▲「国際航空」                     ANA
▲「国内長距離交通」              スターフライヤー
▲「教育サービス」               ヤマハ
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 サービス産業生産性協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】「IT化、グローバル化と生産性」レポート発表
2018-09-26
「IT化、グローバル化と生産性」生産性レポートVol.10を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 生産性総合研究センターは 9月26日、生産性分析の先行研究をとりまとめ
日本生産性本部ホームページに発表しました。    
 
こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 生産性総合研究センターの担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】2018年 日本版顧客満足度指数 第3回調査結果発表
2018-09-19
2018年度 JCSI(日本版顧客満足度指数) 第3回調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は 9月18日、7業種における、のべ65企業もしくはブランドの満足度等を発表しました。
 
■各業種の顧客満足度1位企業・ブランド
▲「スーパーマーケット」        オーケー
▲「エンタテイメント」           宝塚歌劇団   
▲「携帯電話」                           Y!mobile(スマホ)
▲「宅配便」                      ヤマト運輸
▲「事務機器」                     富士ゼロックス
  
<特別調査>
▲「ガス小売」                          大阪ガス
▲「MVNO(仮想移動体通信事業者)」mineo          
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 サービス産業生産性協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
<<埼玉県生産性本部>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 埼玉建設会館6F TEL:048-762-7884 FAX:048-862-1000