埼玉県生産性本部

 
 

新着情報

新着情報
 
【新刊案内】新民法対応 契約審査手続マニュアル
2018-03-01
『新民法対応 契約審査手続マニュアル』
 
編集者:愛知県弁護士会 研修センター運営委員会 法律研究部 契約審査チーム
発行日:2018年3月1日  /新日本法規出版 
価 格:5,292円(本体価格4,900円)
 
概 要:
新民法は、2020年4月1日から施行されます。先取り感はありますが、企業法務の現場では、既に新民法への対応準備が始まっています。
移り変わる契約審査実務に対応した最新の実務書です。利用頻度の高い契約について、実務上発生しうる問題点と検討方法を示しています。
 
▲カタログ(添付)をご覧ください。
 
▲会員の皆様には割引制度がございます。 送料実費。
▲お問い合わせは、埼玉県生産性本部・事務局(電話:048-762-7884)まで、ご連絡ください。
 
  
 
 
【新刊案内】春闘の歴史と課題
2018-02-27
『春闘の歴史と課題 -労働組合の変遷とともにー』
 
著作者:岩崎 馨、降籏 英明
発行日:2018年2月27日  /日本生産性本部・労働情報センター 
価 格:1,080円(本体価格1,000円)
 
概 要:(はじめにより抜粋)
今春、総理大臣が、賃金引き上げを経営者側に呼び掛け、財界もこれに呼応し動きもみられ、マスコミからは「官製春闘」と報じられ、「春闘」という言葉が再び注目されるようになってきた。
「春闘」とは、一般的に労働組合が、毎年、春の時期に一斉に賃金引上げ要求などを行って闘うことをいい、俳句の季語ともなっていた。また、欧米でも「Syuntou」で通用した時代もあった程である。
かつてストが日常的であり、政治的にも社会的にも大きな関心が寄せられていたが、最近の「春闘」では、大衆行動は縁遠くむしろ忌避され、「春闘」を巡る動きは幹部中心の運動になっているようにも見受けられる。
本書では、その内容も大きく変わっている春闘の歴史と課題について、労働組合の組織の変遷とともに纏められている。
 
▲会員の皆様には割引制度がございます。 送料実費。
▲お問い合わせは、埼玉県生産性本部・事務局(電話:048-762-7884)まで、ご連絡ください。
 
  
 
 
【2018案内】生産性の船 *パンフレット出来ました*
2018-02-20
2018年度 生産性の船 **パンフレット希望の方 送ります**
 
日本生産性本部の「生産性の船」は洋上研修の先駆けとして、1971年に若手リーダー層の早期育成の場を提供して以来、
今年で47年。これまで140船を派遣し、団員総数は53,930名にのぼります。
 
2018年度の派遣計画はつぎの通りです。
 
◆1号船  期 間  :2018年7月14日(土)~ 22日(日)9日間(2都市コース)
      訪問都市 :シンガポール、ホーチミン
      洋上寄港地:プーケット
      使用客船 :ゲイティンドリーム(総トン数/150,695トン)
      事前研修会:2018年6月14日(木)
      募集人員 :60名
      申込締切日:2018年5月25日(金)
 
◆2号船  期 間  :2018年11月7日(水)~15日(木)9日間(2都市コース)
      訪問都市 :シンガポール、ホーチミン
      洋上寄港地:ペナン
      使用客船 :ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(総トン数/138,000トン)
      事前研修会:2018年10月15日(月)
      募集人員 :130名
      申込締切日:2018年9月10日(月)
 
 *上記は【2都市コース】の派遣計画です。他に【1都市コース】があります。
  研修費はそれぞれ異なります。詳しくはパンフレットをご覧ください。
 
◆パンフレットのご請求・お問合せ先
 ▲下記事務局までご連絡ください。パンフレットをご送付させていただきます。 
  埼玉県生産性本部 事務局・西田、加藤(電話:048-762-7884)
 
 ▲あわせて、埼玉県生産性本部ホームページ「洋上研修 生産性の船」バナーをクリックしてご覧ください。
 
 
  
 
 
【発表】2017年 日本版顧客満足度指数 第6回調査結果発表
2018-02-15
2017年度 JCSI(日本版顧客満足度指数) 第6回調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は 2月14日、5業種(家電量販店/ドラックストア/近郊鉄道/フィットネスクラブ/住設機器サービス)および 特別調査として3業種(電力小売/ガス小売/パ・リーグ野球観戦)における、のべ79企業もしくはブランドの満足度等を発表しました。
 
▲「家電量販店」     ヨドバシカメラ        8年連続の顧客満足1位
▲「ドラックストア」     コスモス薬品            7年連続の顧客満足1位
▲「近郊鉄道」                阪急電鉄             9年連続の顧客満足1位
▲「フォットネスクラブ」 カーブス                 4年連続の顧客満足1位
▲「住設機器サービス」  ケーズデンキ       2回連続の顧客満足1位
 
<特別調査>
▲「電力小売」          東京ガス              初の顧客満足1位
▲「ガス小売」        大阪ガス            顧客満足1位
▲「パ・リーグ野球観戦」 ソフトバンクホークス  顧客満足1位
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 経営開発部・サービス産業生産性協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】質を調整した日米サービス産業の労働生産性水準比較 
2018-01-29
「質を調整した日米サービス産業の労働生産性水準比較」を発表しました
 
▲公益財団法人日本生産性本部は、1月26日に標記の試算結果を発表しました。
<概要>
▲質を調整した日本の労働生産性は、運輸で米国の5割、卸売・小売や飲食・宿泊で4割の水準。
▲日米労働生産性格差は、質を加味すると縮小する分野が多く、運輸で10%ポイント、飲食・宿泊で5%ポイント程度改善
している。ただし、ほとんどの分野では、質を調整しても米国との生産性格差を埋めるにはいたっていない。
 
▲記者発表文書(概要)は添付ファイルを レポート全文は こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 生産性総合研究センター担当へ直接お願いいたします。
 電話:03-3511-4016
 
 
【お知らせ】IPC生産性国際交流センター譲渡について
2018-01-23
【お知らせ】
 
この度、公益財団法人日本生産性本部は「IPC生産性国際交流センター」(神奈川県・葉山)を
株式会社ティーケーピーに譲渡することとなりましたのでお知らせ申し上げます。
 
当該施設は譲渡後も、各種研修・会議に利用可能なセミナーホテルとして運営される予定です。
 
▲譲渡の概要
 譲渡日 2018年3月30日(金)
 ※日本生産性本部による運営は2018年3月29日(木)までとなります。
 譲渡先 株式会社ティーケーピー(施設名称:レクトーレ葉山湘南国際村(仮称))
 
▲本件担当
 本件につきまして、ご不明な点がございましたら下記まで直接お問合せください。
 公益財団法人日本生産性本部 IPC生産性国際交流センター 担当:赤居、横山
 〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
 電話:03-3511-4027  FAX:03-3511-4071 E-mail:IPC@jpc-net.jp
 
 
【お知らせ】公益財団法人日本生産性本部事務所移転について
2018-01-05
【お知らせ】
 
公益財団法人日本生産性本部の事務所は渋谷から平河町へ移転しました。
新しい住所および連絡先は下記の通りです。
 
▲生産性本部ビル
 住所:〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
 電話:03-3511-4001  FAX:03-3511-4018
 交通:東京メトロ 半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」4番出口から徒歩4分

▲2018年1月5日(金)より新事務所での業務開始となります。
 
 
【発表】労働生産性の国際比較 2017年版
2017-12-20
労働生産性の国際比較 2017年版 を発表しました
 
▲公益財団法人日本生産性本部は、日本の労働生産性が国際的に見てどのあたりに位置しているかをまとめた
「労働生産性の国際比較 2017年版」を記者発表しました。
<概要>
▲日本の時間当たり労働生産性は46.0ドルで、OECD加盟35カ国中20位。
▲日本の一人当たり労働生産性は81,777ドルで、OECD加盟35カ国中21位。
▲製造業の労働生産性は95,063ドル。主要国中14位で過去最低の順位に
 
▲記者発表文書(概要)およびレポート全文は こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 生産性総合研究センター担当へ直接お願いいたします。
 電話:03-3409-1121(2018年1月から03-3511-4016)
 
 
【発表】第8回「メンタルヘルスの取り組み」調査結果発表
2017-12-14
(公財)日本生産性本部 第8回「メンタルヘルスの取り組み」調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所は 12月14日、「メンタルヘルスの取り組み」に関する企業アンケート調査結果を取りまとめ発表しました。
本調査は2004年から2014年まで隔年で7回実施しており、今回は8回目となります。
 
▲「心の病」の多い世代で20代が急増。各世代共通の課題に
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、(公財)日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所の担当へ直接お願いいたします。
 
 
【発表】2017年 日本版顧客満足度指数 第5回調査結果発表
2017-12-13
2017年度 JCSI(日本版顧客満足度指数) 第5回調査結果を発表しました
 
公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は 12月13日、3業種(生命保険/損害保険/クレジットカード) における、のべ48企業もしくはブランドの満足度等を発表しました。
 
▲「生命保険」      都道府県民共済   5年ぶり顧客満足1位
▲「損害保険」      ソニー生命     2年ぶり顧客満足1位
▲「クレジットカード」  楽天カード     9年連続の顧客満足1位
 
◆プレスリリースは こちら をご覧ください。
 内容等のお問い合わせは、日本生産性本部 経営開発部・サービス産業生産性協議会の担当へ直接お願いいたします。
 
<<埼玉県生産性本部>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 埼玉建設会館6F TEL:048-762-7884 FAX:048-862-1000