埼玉県生産性本部

 
 

新着情報

新着情報
 
【先行案内】ダイバーシティ・マネジメント・カレッジ(DMC)
2017-03-01
「ダイバーシティ・マネジメント・カレッジ2017」のご案内
 
◆ダイバーシティ・マネジメント・カレッジ(DMC)の構成 ―――
多様な人材を活かすことで、企業の競争力を高め、持続的な成長につなげていくため、「Ⅰ多様な人材を活かす」プログラムと、「Ⅱ女性人材を育てる」プログラムの2つの柱で構成されています。
◆研修プロブラム(2017/4~2018/3) ―――
 Ⅰ 多様な人材を活かす
 1.人事・推進担当者向け
  ➳「女性活躍推進法・行動計画」を実現させるための推進塾(半日コース:5/22、10/23、2/5)
  ➳在宅勤務制度導入のためのセミナー(半日コース:6/12、11/20)
  ➳仕事と介護の両立推進のためのポイントセミナー(半日コース:7/6、1/16)
 2.管理職・リーダー向け
  ➳管理職のためのダイバーシティ・マネジメント研修(半日コース:6/19、12/11)
  ➳ダイバーシティ基礎セミナー(半日コース:10/16)
  ➳女性部下を待つ男性管理職研修(半日コース:6/26、11/14、1/25)
Ⅱ 女性人材を育てる
 3.管理職・リーダー向け
  ➳女性管理職・リーダー育成 エンパワーメント研修(1日コース:7/10、12/8)
  ➳女性リーダー インバスケット・ケーススタディ(1日コース:7/21、12/14、3/7)
  ➳女性リーダー コーチング研修(1日コース:10/10)
 4.女性全般向け
  ➳50歳からの幸せなキャリア(1日コース:6/27)
  ➳女性社員のためのワーク&ライフキャリア研修(1日コース:8/25)
  ➳中堅女性のための実践キャリア研修(1日コース:11/27)
 
ご関心のある方は、下記までご連絡ください。詳細プログラム(冊子)をお送りします。
 
  ▲埼玉県生産性本部 事務局・加藤(電話:048-762-7884)
 
 
  
 
 
【通信講座】ビジネス・キャリア検定認定講座・2017年度新価格のご案内
2017-03-01
【通信講座】ビジネス・キャリア検定認定講座⇒2017年度新価格のご案内
 
◆ビジネス・キャリア検定制度とは ―――
厚生労働省「職業能力評価基準」(ナショナル・スタンダード)に準拠した公的資格です。「検定試験」(中央職業能力開発協会実施)と「認定講座」(日本生産性本部等実施)で構成される能力評価と学習の両機能を統合した制度です。
◆検定試験・認定講座の概要 ―――
事務系職種の担当職務別に付与される唯一の公的資格です。合格者には「スペシャリスト」の称号が与えられます。
日本生産性本部の認定講座は、通信制で毎月開講、随時学習いただけます。人材マネジメントや実務能力評価、キャリア開発等、幅広くご活用いただけます。
 現在、ビジネスの8分野14部門について、各職務で求められる専門的知識・実務能力について33試験・33講座で体系的に構成されています。
  埼玉県生産性本部の会員は、新価格表にある「賛助会員・団体」が適用になれます。
 
◆詳しくは こちら まで。 
 または、トップページ上段の該当キャッチビジュアル画面をクリックすると資料請求書がございますのでご利用ください。
 
 
 
 
【奨励賞】女性活躍パワーアップ大賞~㈱コマーム(川口市)が受賞
2017-02-22
第2回「女性活躍パワーアップ大賞」受賞組織発表
 
「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」(日本生産性本部)は2月20日、女性の活躍を組織の生産性向上につなげる動きを加速するため、第2回「女性活躍パワーアップ大賞」の受賞組織を発表しました。
今回、優秀賞には6組織、奨励賞には2組織が選ばれました。埼玉県内組織では、株式会社コマームさまが奨励賞に選ばれましたので、以下に主な取組内容を記者発表文より転載してお知らせいたします。
この度は、おめでとうございました。
 
奨励賞:株式会社コマーム(埼玉県川口市)従業員227名:男性20名、女性207名>
 従業時間や場所の柔軟な変更で、保育人材の働きやすい職場づくりを推進!
●子ども子育て支援総合サービス企業として保育人材№1企業を目指し、専門性を高める研修と働きやす い職場づくりを推進。人と職場のコーディネートをワークライフバランスに合わせて行い、就業時間、稼働日、就業場所の柔軟な変更など、多様な働き方で離職を防止。
●女性の活躍する企業、社会貢献できる企業として認知度が向上。等
 
なお、本会議では2月21日、第9回目となる「エンパワーメント・フォーラム2017」をKKRホテル東京で開催し、同時に表彰式を行いました。
 
受賞組織は次の通りです。
 優秀賞:北陸電力(富山県)、日本ユニシス(東京都)、肥後銀行(熊本県)、
  オリックス・レンテック(東京都)、ダイキンエアテクノ(東京都)、バイタルリード(島根県)
 奨励賞:コマーム(埼玉県)、原田左官工業所(東京都)
 
「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」および記者発表文等はこちらまで。
 
 
 
 
【生産性本部発表】女性活躍推進の実態・行動計画の進捗状況
2017-01-30
第8回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」結果概要(発表)
 
(公財)日本生産性本部は2017年1月30日に標記の調査結果(概要)を発表しました。
2009年から毎年実施し、前回に続き埼玉県生産性本部及び全国生産性機関が協力し調査を行いました。
今回の調査では、新たに「女性活躍推進法で提出した行動計画の進捗状況」や、「行動計画が予定通り
に進んでいない理由」など法律施行直後の各社の取組を聞いています。
 
なお、(公財)日本生産性本部では2008年に「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を発足させ、
女性の活躍推進を組織の生産性向上につなげていくことを目指し、活動を展開しています。
 
報道機関への発表文はこちらまで。
 
 
 
 
埼玉県主催「サービス産業活性化セミナー」(2/2・木)
2017-01-18
サービス産業事業者応援事業 地域連携モデルチーム 連携支援事例発表会
「サービス産業活性化セミナー」参加者募集!
主催:埼玉県 共催:(一社)埼玉県商工会議所連合会、埼玉県商工会連合会、埼玉県生産性本部
日時:平成29年2月2日(木)14:30~17:20(終了後、交流会あり)
会場:新都心ビジネス交流プラザ4階(さいたま市中央区上落合2-3-2)
定員:100名(先着順・無料、交流会参加は1,000円)
内容:基調講演「サービスに付加価値をもたらすコミュニケーション術」
        コミュニケーション・プロデューサー 夏川 立也 氏
   事例発表 地域連携モデルチーム:本庄地区、飯能地区、東松山地区、久喜地区、三郷地区
   施策説明 関東財務局の地域連携に向けた取組について
 
お申込み・お問い合わせは 埼玉県ホームページまで。
 
 
「第1回 働き方改革フォーラム」開催記録を掲載しました
2016-12-20
平成28年11月30日(水)に、「第1回 働き方改革フォーラム」を、県本部川口支部と共催、埼玉県ほか多くの組織から後援を頂戴し、開催しました。
 
講演要旨はこちらまで。
 
【持続的競争力研究会】江戸の老舗コース(11/10)視察記録
2016-11-18
11月10、埼玉県生産性本部と埼玉県生産性本部川口支部は、千葉県生産性本部、神奈川県生産性本部と共催で、「持続的競争力研究会『江戸の老舗コース』」を本コースのアカデミック・コーディネーターの明治学院大学経済学部教授の神田良氏の進行で実施した。
 
今回の視察先は、株式会社千疋屋総本店、株式会社玉寿司、株式会社にんべんの3社であった。
 
 
視察記録の詳細はこちらまで。
 
「日本の労働生産性の動向 2016年版」(日本生産性本部)
2016-11-02
日本生産性本部は、「日本の労働生産性の動向2016年版」をまとめ、公表しました。
 
日本の労働生産性は、OECD加盟34カ国中21位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2015年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いています。
2015年度の日本の労働生産性は、時間当たりの名目労働生産性が4,518円(前年度比+2.3%)で、8年ぶりに過去最高を更新したことが明らかとなりました。これは、パートタイム労働者比率の上昇に加え、パートタイム労働者一人当たりの労働時間が短くなっていることが影響しているが、依然として欧米より低い水準にあります。・・・(この続きは下記まで)
 
日本生産性本部では、最新の国際比較を12月上旬にとりまとめ、公表する予定。
 
▼詳しくは、こちらまで
 
 
 
「第2回女性活躍パワーアップ大賞」募集終了
2016-11-01
「第2回女性活躍パワーアップ大賞」募集中(12/20締切)
 
「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」(事務局:日本生産性本部)では2008年の発足以来、性別でなく個々人の意欲や能力に応じて処遇を行う、実効ある仕組みを目指し、女性の能力を活かせる社会の実現に向けて運動を展開しています。この運動の一環として、女性の活躍を組織の生産性向上に繋げる動きを加速させるために「第2回女性活躍パワーアップ大賞」を実施します。独自性のある創意工夫された取組を募集します。
なお、表彰式は2017年2月21日に都内で開催される「エンパワーメント・フォーラム2017」にて行われます。
 
▼「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」及び募集要項についてはこちらまで
 
 
 
12/14 SPRINGフォーラム:日本サービス大賞・オフィスグリコ・北本市
2016-10-25
「オフィスグリコ」が職場を変える
~新たな「置き」型ビジネスモデルに学ぶ~
 
第1回日本サービス大賞・優秀賞(SPRING賞)を受賞した置き菓子サービス「オフィスグリコ」は、江崎グリコがオフィスでの菓子需要に着目し、新たに創り上げたサービスのビジネスモデルです。製造業でありながら顧客の声を直接取り込むことに成功した事例です。今回はその取組の紹介と同社が関東で初めてオープンした工場見学施設「グリコピア・イースト」での見学の機会を設けました。
 
日時:2016年12月14日(水)14:00~17:00
講師:グリコチャネルクリエイト株式会社
     オフィスグリコ事業部 部長  川端 弘太郎 氏
会場:グリコピア・イースト(埼玉県北本市) ※当日13:20 JR北本駅東口集合
定員:35名(先着順) 
参加費:サービス産業生産性協議会会員無料
    生産性本部賛助会員:4,000円(1名様、消費税別)、一般:5,000円(1名様、消費税別)
 
▼サービス産業生産性協議会・プログラムの詳細および申込みはこちらまで
 
 
<<埼玉県生産性本部>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-10-4 埼玉建設会館6F TEL:048-762-7884 FAX:048-862-1000